永島ピアノ教室

身体を楽にするための弾き方③前腕のストレッチ

 

身体を楽にするための弾き方の3回目は前腕のストレッチです。

 

ピアノをうまく弾くためには皆さん練習をされると思います。

 

もちろん練習は欠かせないと思いますが、

その前に少し体をほぐして、余分な力が抜きやすい状態にすると

練習の効果が倍増しますので、

ぜひやってみてください!!

 

前回、前々回のがこちら↓

身体を楽にするための弾き方①姿勢について

身体を楽にするための弾き方②ストレッチ

 

では本題の前腕のストレッチです。

 

前腕というのは、肘から手首までの間のことです。

肘から上は上腕、下は下腕ではなく、前腕というのだそうです。

 

ピアノを弾いていると、腕が疲れてきますよね。

私も以前は、疲れた腕を反対の手でマッサージし、

で、今度はマッサージした手が疲れて、反対の手でまたマッサージ…

 

えっとー

エンドレスですえーん

 

そんな時はこのストレッチをやってみてください。

 

①手のひらを上にして腕を前に伸ばし、握ります。

 

②開いた手を握り、手首を折って拳を手前に引きつけます。

③拳を握ったまま、内側から拳を下にし、さらに拳を外側へ向けます。

④拳を外側にしたままで、肩甲骨を寄せるように、腕を後ろへ。

 

☆気持ちいいと感じるところで止めながらやるのもいいと思います。

 

注意:すでに腕に痛みが出ていたり、やってる最中に痛くなったりする

場合は、中止してください。

 

あくまで疲れを取る、ということを目的にしていますので。

 

 

前腕に力が入ってしまって脱力できない時や、

ピアノを弾く以外の用事で前腕が疲れている、

というような時にもおススメです。

 

生徒さんにやってもらうと、

力が抜けるので、柔らかな音になり、音量もアップします。

レガートが弾きやすくなるようです。

 

 

よければお試しくださいウインク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

« 前のページに戻る